稽古 ・ 大会参加資格

稽古内容

【基本・移動・空手型・対実戦・武器】

活士化武で学ぶ


活士化武では

基本稽古を重点に指導し衰えない武道の体を鍛える事を重点に指導しています。

活士化武での武道修行の考えは

武道とは、体が自然に動く事が一番良いと活士化武では教えています。

危険を察知したとしても体が動かない。試合の時に自然に体が動かない。など、

このような時にも体が自然に動く事ができないのでは武道ではありません。

だからこそ

基本を重点に指導し厳しく反復練習をして体に技を練り込んでいきます。

同時にあきらめない武道精神も鍛えていきます。

基本稽古の形ができてきたら実戦稽古を学んでいきます。

最初に帯の締め方

道着を着る事ができるが、帯の締め方が解らない?

一人で帯を締める事ができない。

これでは、ダメですね。

初心者でも締める事ができるように動画を見て学びましょう。
身を引き締めて稽古に臨みましょう。

稽古前の稽古場掃除


基本・移動稽古

稽古の心得と準備
整列して全員で大きな気合を入れて技を反復します。

整列順は、入門順や帯順に並びます。

一般部や幼年部合同ですが、入門順や帯順は変わりません。
稽古は、身体に滲みこんで技とになります。
形を真似て数を熟し自身の技に化けます。
どんな形でも数を熟し正しい形に成り自身の技になる。
その近道が、基本稽古や移動稽古に隠されています。
武をゆっくりと極めましょう。
(画像:初級クラス)
幼年も一般部と同時に教えます。
*幼年部
最初は、柔軟稽古から始め基本稽古は見て覚える事から始めます。

注意

自分より年齢が下だからや帯が上だからと言って偉くなった訳ではありません。

武道の上下関係は、相手を尊重しなければなりません。

厳重注意しても守れない者は破門とします。

無料体験稽古

空手型【極真空手型】

空手型

空手の型は、実戦を想定した動きを型で学びます。

型は、空手の技のキレを鍛錬するのに最適な鍛錬方法です。

実戦で使えないのではなく

如何なる場合でも自然に体が動くようになる事で実戦に使えるようになります。

これにより年を重ねても体が動きます。

なお

活士化武は、演武会を開き型での試割りなども行っています。

型の大会にも出場予定中
型は、無級【白帯】より学びます。

【少年部から一般部の中級クラスまでに十種類ぐらい学びます。】

小学一年生が、学んだ空手型です。【入門:8ヶ月 学んだ型数 7個】

実戦稽古風景

実戦を想定した組手【スパーリング】

試合用の対人稽古【ミット打ち】

2018年よりK-1クラス部門
顔面在り稽古予定

初級クラスの組手【一般部】
キックミット&スパーリング

慣れないうちは、ダメージも在る為防具を装備して組手をします。

武器使用稽古(沖縄空手の釵)

【武器の料金は、別になります。】

沖縄空手の釵を中心に稽古致します。

(上級者で参加を許された指導員と生徒(小学高学年以上より)のみ)

南水元支部(いいづか集いの交流館)のみ実施しています。

申し訳ありませんが

武器稽古のみの参加は、お断りしてます。


活士化武 武道審査

活士化武武道審査とは?


● 武道審査について

活士化武代表より昇級や昇段が認定されます。

審査は、基本稽古・移動稽古・空手型・体力・実技【組手】・日常稽古姿勢などが

審査対象となります。

指導員や責任者が、基本・技量・出席数・体力・日常稽古姿勢を考慮し認められた方が

審査を受ける事ができます。

入門から稽古出席数32日以上で最初の審査に挑戦すること可能です。

審査は、初夏・初冬の年二回在り審査日など道場でお知らせいたします。
* 無級から10・9級に昇級審査のみ2月中旬に臨時審査あります。
  (出席日数30日間以上または、代表の許可された者のみ)

● 昇級・昇段システム

昇級する毎に帯の色も変わり級位が上がります。

白帯(無級)  ➤  橙帯 (10・9級)   ➤  青帯 (8・7級)     【初級クラス】

黄帯(6・5級)  ➤    緑帯 (4・3級)                              【中級クラス】

茶帯(2・1級)➤ 黒帯 (初段以上)         【上級クラス】



● 昇級すると?

昇級する事により学ぶ内容が複雑になります。

ワンランク上の稽古になってきますので自身への厳しさが増します。

空手の型も増加します。
*空手の型は、代表が所属していた団体【極真空手松井派】の空手の型を教えています。
 空手型は時代により変更箇所など在ったり名前が同じでも流派によっては動きが違う事が在ります。
 なお、武道会活士化武では以下が空手型の内容になっております。


白帯【無級】  太極一     足技太極一(16歳以上)

橙帯【10.9級】 太極二・三   足技太極二・三(16歳以上)平安一

青帯【8.7級】   平安一     裏太極一.二.三

黄帯【6.5級】   平安二・三   裏平安一・二【16歳以上】  鉄器一(希望者のみ)
        型の説明を覚えます。

緑帯【4級】   平安四  三戦  突きの型   鉄器二(希望者のみ)

緑帯一本線【3級】 撃砕大  三戦  裏平安 三・四

茶帯【2.1級】    平安五  撃砕小  転掌  砕破  鉄器三(希望者のみ)

茶帯一本線【1級】 撃砕小  転掌 裏平安四.五

黒帯【初段】  観空   征遠鎮     

黒帯【弐段】  臥龍   十八   五十四歩 【20歳以上より受講可能】


大会・試合出場の条件

大会や試合に参加について

初めに活士化武では、独自の大会は一切ございません。
他流派や連盟団体の大会や試合に参加します。
よって礼節を重んじております。
なお、経験者や入門して直ぐ
大会出場や試合エントリーはお断りしてます。
最低限の条件として活士化武で学び昇級された方のみ許可してます。
なお、
K-1アマチュアのみ出場でも通常の武道稽古が主軸です。
K-1アマチュアだから通常武道稽古しませんと、いった方は出場させません。
あくまでも武道稽古の延長としてK-1アマチュア参加です。


活士化武出場条件【フルコンタクト空手大会】

● 初級クラス 出席数 35日間以上または、指導員や代表の許可された方

 【白帯:無級の方は大会や試合の不可】

● 中級クラス 出席数 120日間以上または、初級クラス上位や指導員や代表の許可された方

● 上級クラス 出席数365日間以上または、中級クラス上位や指導員や代表の許可された方

大会参加防具【一部の大会は、専用防具が必須になります。】

* 大会専用の拳・足サポーターは、ご自身で大会会場でご購入をお頼みしております。
* ファールカップは、男子は必ず必須
* 胸プロテクター【女子】は、大会に寄っては必須になります。
◎ 専用防具は、一部自己負担になります。


活士化武出場条件【K-1アマチュア大会】

(中学生以上顔面在り)
*現在進行中

Cクラスマッチ参加資格条件

◆ 小学生・中学生 9~7級以上より

◆ 高校生・大学生 10級以上より

◆ 一般・シニア  9~8級以上より

● Cクラス・ワンマッチ【小学生:キッズ】(顔面なし) 出席日数 60日間以上

● Cクラス・ワンマッチ【顔面在り】
【中学生:ジュニア ・高校生:甲子園 ・大学生カレッジ ・一般 ・シニア】
 通常空手稽古出席日数40日間以上 + 特別稽古240時間受講
◎大会用防具などは、自己負担になります。

大会参加防具【一部の大会は、専用防具が必須になります。】

* K-1アマチュア試合は、専用のサポーターが必要です。【会場で販売しております。】
* 試合は、トランクスが必須になります。【上着は、Tシャツ着用になります。】
* キッズC・Bクラスは、バンテージやマウスピース任意になります。
* ファールカップは、紐タイプ金属製に必須【空手用不可プラスチック製不可】

Bクラス以上の参加資格条件

◆ 活士化武 4級以上が参加資格条件 
◆ Cクラスでの実績により活士化武で許可された者

* クラスUPに関しては、空手大会やワンマッチの勝率により上がります。
  なお、Cクラス・トーナメントやBクラスやAクラスでの参加について
  経験者や他流派から入門されても必ず当道場での実績がない方は出場させません。


Aクラス出場条件

◆ 活士化武 3級以上が参加を認めています。
◆ Bクラス優勝者または、空手大会【中級以上】入賞2回以上

上記は、キッズ【小学生】ジュニア【中学生】

* 一般部・壮年部の方は、4級以上で空手大会出場経験のみ


活士化武より

K-1アマチュア大会や空手大会は、活士化武代表として参加します。
ただ試合に負けても参加したいと言った。
安易な気持ちでは出場させません。
万が一の大怪我も考えなくってはいけませんので
活士化武では、安全面も考慮し参加資格が厳しくしております。

大会時父母のセコンド参加ルール

大会のセコンドルール

・必ずセコンド講習を受けた方【活士化武の講習三時間以上受講】

・緊急時に代表より許可をもらった方以外はセコンド席での応援は不可です。

【セコンドは、指示者なので応援は会場で選手を冷静にさせ試合に勝つ事が目的です。】

・全ての大会が、他流派の大会に参加しますので他流派事の大会時のルールが在ります。

・セコンドは、選手と同じ同等に見られ会場時の礼節も選手同様にできなくってはなりません。

・セコンドは的確なアドバイスや指示を出し選手を会場前は勇気付けたりします。

上記意外の様々な事が在りますので講習は受けてもらいます。


講習免除の方

・自身が活士化武で稽古している者で大会経験が2回以上の者に限り講習免除されます。

・大会会場で代表にセコンド人数足りなく依頼された方は免除致します。

活士化武動画ボタンで、YouTube動画にジャンプします。