活士化武・代表挨拶

活士化武

活士化武とは?

◇活 活発に活きる力を磨き活かす力を備え

◇士 尊敬に値する男士・士女を志して

◇化 自分を感化させ変化させ

◇武 武道を学び己を磨く

上記の理念で創った武道会の活士化武です。


団体設立

団体設立まで

2015年12月に設立致しました。

活士化武まで

平成25年 元空手生徒より空手の指導を受けたいと言われたのがきっかけで

葛飾武道研究館団体設立【6名40歳以上】

指導しながら多くの小学生や壮年の方々が多く入門し武道を通じ活きる力を教えられれば

と、考えて青少年や壮年に成っても活きる力を身に付けて力強く活きて行く武道を創る!

団体名を活士化武と改名

平成27年1月に活士化武【かつしかぶ】に改名しました。

【活士化武の意味は、上記をご確認ください。】

2016年7月 創始者の田辺哲也は代表【休職中】

2016年7月 代表代行として上原慎二代表代行に一任しております。



創始者・代表挨拶

活士化武 創始者

田辺 哲也


活士化武創始者
初めまして田辺哲也です。
武道経歴に関しては、創始者経歴を見てください。
最初に私は、
基本稽古が非常に嫌いでしたが自身が
空手を通じ稽古を重ねる毎に対人稽古をしていると
我流の動きになり動きに無駄が在る事に気が付き
基本稽古を徹底的に見直したところ
無駄に動かない事が解り更に
自然と身体が動く要になりました。
この事を重んじ基本稽古重視しています。
基本稽古を徹底的に稽古すれば、例え10年近く稽古しないでも身体に沁み込んだ動きは、年を重ねても忘れません。
無論反応が遅くなったりましすが動けます。
算数と同じです。足し算引き算を忘れる事ありません。
基本稽古を徹底的に覚えて強くなりましょう。
田辺哲也代表職辞意しております。
現在、
上原代表代行に活士化武を任せております。
活士化武の武道心得と指導に関しましても
全て上原代表代行が、引き継いでおります。
上原代表代行は、
私に付き20年以上稽古し学びましたので
指導に全力を注ぎこんでいます。
代表代行職には、不慣れでありますが
武道指導は、同じ指導方針です。

2014年 全関東空手道選手権大会 (坂本派)

【一般上級中量級75キロ未満】
 準優勝
(左から3番目 代表:田辺)

左側より
極真会館(坂本派) 茂木幹雄師範
優勝 士衛塾総本部指導員 笠井 優
準優勝 活士化武元代表  田辺哲也
士衛塾総裁 木村 越山

創始者経歴

東京都葛飾区青戸 

1973年11月生まれ

武道歴

● 昭和55年 葛飾剣友会【剣道】 入門
     

  平成3年 葛飾区剣道大会 

  【一般部 初~三段の部 ベスト8】

  平成4年 全国定時制高校大会 出場

  平成5年 葛飾剣友会 退会 

● 平成4年 上野高校【定】柔道部入門

  平成4年 定通制柔道 秋季大会
        新学年の部 3位入賞 

  平成6年 柔道部退会

● 平成5年

  極真会館城東支部青戸道場 入門

●  平成5年

  上野高校【定時:夜間高校】

  錬成部【極真会館城東支部空手同好会】設立
       現在 上野高校【定】閉課


△ 極真時代最終大会記録

 平成16年 6月 

  第21回全日本ウェイト制大会    

  軽量級出場

 平成16年 7月 

  2004年全茨城県空手道選手権大会 

   軽量級 4位

 平成16年 8月 

  第7回年全中部空手道選手権大会

  無差別級  ベスト8

 平成16年 10月 

  第5回全山梨県空手道選手権大会

  無差別級 4位

 平成16年 12月 第6回富士山杯選手権大会      

  軽量級 準優勝

● 平成25年 2月 極真会館城東支部【松井派】 

  休館

● 平成26年  11月  

    葛飾武道研究館設立

● 平成27年 12月 

   葛飾武道研究館を改名し活士化武と名す。

● 平成28年  7月 

   活士化武代表辞職 【事務局】
   


活士化武【旧葛飾武道研究館】試合歴
現役復帰

平成27年 4月 
第26回東都空手空手道選手権大会 (勇志会主催) 一般上級中量級75キロ未満  出場

平成27年 6月 
2014年 全関東空手道選手権大会
【一般上級中量級75キロ未満】(坂本派) 準優勝

平成28年 6月 
2015年 全関東空手道選手権大会
【一般上級 重量級75キロ以上】(坂本派)    出場


上原慎二代表代行

プロフィール

代表代行

上原慎二

武道歴


● 平成3年 上野高校【定】柔道部入門

  平成4年 柔道部退会

  平成5年 上野高校【定】

   錬成部【極真会館城東支部空手同好会】入門

  平成6年 極真城東支部青戸道場に移籍

● 元極真会館【松井派】城東支部  

    平成6年     極真会館城東支部青戸道場 入門 

    平成24年   極真会館城東支部 退会


● 平成24年~26年 田辺代表と武道修行


● 平成26年11月 葛飾武道研究館設立

   平成27年2月  

          葛飾武道研究館   副代表任命

● 平成27年12月   
  葛飾武道研究館を改名し活士化武

   平成27年12月
   活士化武    副代表任命  

   平成28年6月  

   活士化武    代表代行任命

代表代行挨拶

こんにちわ
代表代行の上原慎二です。
田辺代表より代表代行を任せられ活士化武の
武道指導をしています。
私自身も2015年に現役復帰致しました。
私の習った事を教えていきたいと考え
代表代行を務める事に決めました。
幼年や小学生には、活発に元気よく!
大きな声で挨拶のできるようにし
そして、他人を思いやる事を教えたい
中学生や高校生には、社会に出る前に武道と言う
縦社会関係の厳しさを教えたい。
青年や壮年には、いざという時に自然に体が動く
体創りを学んでもらいたいと思います。
なお
皆さんが、思っている
強くなる?と、言う
強くできるか解りませんが
強くなるきっかけは教えられます。
人は、きっかけで強くなり成長いたします。
この言葉は、田辺代表の口癖ですが
私自身も大きく成長できました。
なので、
基本稽古を大事にして指導し
実戦に使える技にして強化しております。
興味のある方は、お越しください。

2017年東京都空手道選手権大会
【主催:極真会館 坂本派】 *下試合動画

上原代表代行

試合歴

極真空手時代試合戦歴 【松井派】

平成13年 11月 

  錬成大会【秋】一般上級重量級  準優勝

平成13年  4月 

  錬成大会【春】一般上級重量級   準優勝

平成14年 11月 

      第34回全日本空手道選手権大会 出場

平成16年  6月

第21回全日本ウェイト制大会

              軽重量級出場

平成16年  8月 

第7回年全中部空手道選手権大会
                                         【無差別】  3位

平成16年 12月 

第6回富士山杯選手権大会  重量級   4位


活士化武戦歴【旧葛飾武道研究館】

2015年3月 現役復帰

平成27年 4月 

第26回 東都空手空手道選手権大会【勇志会】

             重量級    出場

● 平成28年 6月 

第12回 全関東空手道選手権大会
  【一般上級75キロ以上】(坂本派) 出場

● 平成28年 7月
東京都空手道選手権大会    (坂本派)   出場  

● 平成28年 12月

第12回 神奈川県空手道選手権大会【坂本派】出場

● 平成29年6月

  第12回 全関東空手道選手権大会【坂本派】

  マスターズクラス【36~40歳まで】 準優勝

● 平成29年7月

  2017東京都空手道選手権大会

         【主催:極真会館 坂本派】

●マスターズ上級70キロ以上   優勝